MineOSを使ってみる #1 インストール編

Minecraftのサーバ運用は、お金が掛かって良いのならば、Realmsに契約するのが一番手間がなく早いですが、余りお金を掛けたくない方や、複数のサービスを1台のサーバで実行したい、プラグインを導入したいという方は、自分でMinecraftサーバを立てるのも一つの手段と思います。

Minecraftのサーバを立てるのであれば、断然Linux系のサーバで導入することをお勧めします。Windowsでも立てることは可能ですが、安定性や、Windowsのソフトウェア利用許諾契約の問題等が常に付きまといます。

Linux上でMinecraftのサーバを導入した場合、管理するにはLinux上のコンソール画面で操作する必要があります。今回は、これらの管理をWeb上で行う事ができる「MineOS」の導入方法を紹介したいと思います。なお、「MineOS」のインストールが完了すれば、MinecraftのサーバのインストールはWeb上で行う事ができますので、別途コンソール画面で作業する必要はありません。

注意事項

ある程度Linuxの操作ができる方を想定しています。

この解説では、セキュリティに関する説明はしておりません。特に、インターネット上でサーバを公開するのであれば、セキュリティの設定を、皆さんが責任を持って行ってください。セキュリティ設定に自身が無ければ、素直にRealmsや、Minecraft系のホスティングサービスを利用しましょう。

前提条件

OSは、Ubuntu Server 16.04.2 LTSを使用します。ダウンロードは以下のURLから行えます。

https://www.ubuntu.com/download/server

Ubuntuのインストールに関しましては、他のサイトを検索してみてください。

以下の説明は、Ubuntuのインストール時に設定する項目はデフォルトから変えていない事を前提です。

Ubuntuの設定、関連ソフトインストール

設定方法は以下のURLを参考にしています。
https://minecraft.codeemo.com/mineoswiki/index.php?title=MineOS-node_(apt-get)

まず、SSHで接続するために、SSHのサーバをインストールします。(必要が無ければいれなくてもOKです)

sudo apt-get install openssh-server

今後は、SSHで接続し、作業を進めます。

なお、通常、root権限が必要な操作は、sudoを使うのですが、今回は、root権限が必要となるコマンドばかりですので、rootにユーザーを切り替えておきます。root権限での操作には十分注意しましょう。

sudo su

node.js 4.xをインストールします。

curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_4.x | bash -
apt-get -y install nodejs

必要なパッケージ群をインストールします。

apt-get update
apt-get install -y git supervisor rdiff-backup screen build-essential

Javaをインストールします。
※Javaのバージョンは、できるだけ新しい物をいれた方が良いと思われます。今回は、Java8をインストールしています。

apt-get install -y openjdk-8-jre-headless

MineOSのインストール

今回は、公式サイトと同様に、「/usr/games/minecraft」にインストールを行います。
他のディレクトリに変更したい方は、適宜読み替えてください。(他のディレクトリに変更した場合、設定ファイルの書き換えが必要になります。)

ゲームディレクトリを作成し、そこに移動します。

mkdir -p /usr/games
cd /usr/games

MineOSを「minecraft」ディレクトリにダウンロードします。

git clone https://github.com/hexparrot/mineos-node.git minecraft

gitの動作属性や、ファイルの属性を変更します。

cd minecraft
git config core.filemode false
chmod +x service.js mineos_console.js generate-sslcert.sh webui.js

node.jsのパッケージマネージャーを使用してインストールします。

npm install

実行ファイルにリンクを張り、設定ファイルを配置します。

ln -s /usr/games/minecraft/mineos_console.js /usr/local/bin/mineos
cp mineos.conf /etc/mineos.conf

MineOSの設定を変更します。
WebUIの待ち受けIP/ポート番号、SSLの使用の有無、証明書の場所、インストール先ディレクトリの指定、言語の設定等が設定可能です。

vi /etc/mineos.conf

今回は、言語の初期設定を、日本語にします。

#webui_locale = 'en_US'
webui_locale = 'ja_JP'

自動起動できるように自動起動スクリプトをコピーします。

cp init/systemd_conf /etc/systemd/system/mineos.service

自動起動を有効にします。

systemctl enable mineos

WebUIで使用する、SSLの自己署名証明書を生成します。

サーバの証明書を既に持っていて、自己署名証明書を使用しない場合は、不要です。

デフォルトでは、「/etc/ssl/certs/」に「mineos」で始まるファイルが3つ生成されます。/etc/mineos.confで場所を変更した場合は、適宜ファイルを移動させてください。

./generate-sslcert.sh

ここまででインストールは完了です。

MineOSの起動

MineOSサービスを起動します。

systemctl start mineos

正しく、動作しているか、ステータスを確認します。

systemctl status mineos

Active: active (running)と表記されていれば、成功です。

次回は、MineOSの動作確認と、クライアントから接続を説明します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください